中学受験の算数ではケアレスミスが命取り

中学受験の算数ではケアレスミスが命取り

中学受験の算数ではケアレスミスが命取り 中学受験における算数で必要なのはどういった部分でしょうか?問題を解く力ももちろん必要なのですが、重要なのはケアレスミスです。計算ミスとかも含まれるかもしれませんが、これは問題を解く力を持っているが、詰めが甘くて不正解になっているような状況です。

そういったケアレスミスを全く出さないというのは非現実的かもしれませんけど、ちょっと多すぎるんじゃ?もったいない間違い方が多いという場合には、そこを矯正するだけでも大分成績が変わる可能性があります。ケアレスミスの矯正っていうのは、普通に間違えている問題をできるようにするのと比べたら大分難易度が低いと思います。

したがって、そういったケアレスミスによる不正解が多いだろうと判断された場合には、そういうミスをなくすことを最優先に行った方が良いのではないでしょうか?

ケアレスミスを放置しておくと、全部の問題を解くときにそういったリスクが残ることになり、問題を解けるようになったとしても、答えを間違えるケースは相変わらず多くなるわけですから、非常にもったいないのです。だからこそ、そういう傾向があるなと気付いた場合には親が早めにそこを指導してあげたりすると良いでしょう。

塾に通っていれば、講師が指摘してくれたりしてより早く気付ける場合もあると思いますが、中学受験で勝つためには必須事項と言えると思います。

最新記事